福井県敦賀市赤崎N邸 新築工事

福井県敦賀市赤崎N邸 新築工事

日本海沿岸の厳しい気候条件下に建つ木造平屋建て住宅。

建築概要

  • 所在地 :福井県敦賀市赤崎
  • 主要用途:専用住宅
  • 構造規模:木造平屋建て
  • 敷地面積:334.13㎡
  • 建築面積:107.07㎡
  • 延床面積:126.07㎡
  • 施工  :岸本工務店
  • 竣工年度:2013年
  • 建築写真:高野篤志

コンセプト

敦賀湾沿いの集落内に建つ木造平屋建て住宅です。夏の燦々と降り注ぐ太陽、一年を通して吹く海風、冬の湿気を含んだ雪への対策が必要とされました。

敷地正面の山と背後の海に向けて勾配を取る屋根形状とすることで、海風を受け流す。建物ボリュームを低く抑えつつも屋根勾配を生かした断面計画を行い高天井の豊かな空間を生み出しています。

内部工事では既製品と造作品をうまく使い分けることでコストコントロールを行い最大限のポテンシャルを引き出しています。

外観イメージ

外観:屋根材には遮熱性スレート材を採用している。外断熱工法+通気層を設けて施工することで、真夏の太陽に対しても高い遮熱性能が得られる。

外観

外観:杉板張りの外壁、3枚毎に面落張りとして表情を作っている

和室8帖(御堂)

和室8帖(御堂):正面に御本尊が安置される

和室8帖から前室を見る

和室8帖から前室を見る:垂木、杉野地板表しの天井。格子状の欄間で空間をやわらかに遮る。

前室

前室

前室

前室:地窓の障子を通して入る光が落ち着いた雰囲気を作り出す

和室6帖

和室6帖:天井高さを低く抑え落ち着いた雰囲気としている。

玄関

玄関

Dining Kitchen

DK:梁上の間接照明が部屋全体をやさしく照らす

玄関

玄関:間接照明の光が天井杉板に反射してやさしい光を落とす。

Living Dining

LD:梁上の間接照明が部屋全体をやさしく照らす

スケッチ

御堂・お内仏のスケッチ

内観スケッチ:御堂、お内仏を見る(天井あり)

御堂、北東方向の内観スケッチ

内観スケッチ:御堂、北東方向見る(天井あり)

模型図

敦賀市赤崎N邸 模型1

敦賀市赤崎N邸 模型1

敦賀市赤崎N邸 模型2

敦賀市赤崎N邸 模型2

敦賀市赤崎N邸 模型3

敦賀市赤崎N邸 模型3

トップへ戻る